にゅーはーふ であい おおさか せっくすれず

こんかいはおおさか、であいけいさいとならゆーざーであるごにんのじょせい(ひとりをのぞいてみんなじゅうだい)にききとりをおこないました。
あつまってくれたのは、おっとだけではものたりないA、みつまたがまだばれていないぎゃるふうのBであい、きゃばくらじょうとしてはたらくD、きめつけは、こくりつだいにかようE。ぎんざにあるはんしゃりょうほうのりふれくそろじーみせのうけつけじょうC、おおさか
これはひみつですが、みそじのじょせいしゅざいをおこないたかったんですがにゅーはーふ、とつぜんのきゃんせるをうけ、よていへんこうしてえきのまえで「であいけいさいとについてのいんたびゅーをうけてほしい」となんじゅうにんかのじょせいによびかけて、せっくすれずふしんなこえかけにもきちんとおうたいしてくれた、じゅうだいのEさんをくわえたメンバーにくわえました。
かいこういちばん、ひっしゃよりもはやくとっぷばったーにおどりでたのはげんざいみつまたをかけているBさん。

話の腰を折ったが、にゅーはーふ であい おおさか せっくすれずが面白い!

じゅうだいのぎゃるB「であいけいさいとですが、「みなさんはどんなめてきでつかうんですか?わたしはえんじょねらいでいまさんにんへいこうちゅうです」
たのしそうにかたるBさんにせっくすれず、ほかの4にんもふんぎりがつかないながらもじぶんのたいけんだんをかたりはじめました。
けっこんしているA「わたしのばあいは、そっちょくにいってそとにもかんけいがほしくなったのがはじまりです。りんりてきにもんだいだとはおもうんですけど、なんどもけいじばんでよびかけちゃうんです。」
B「ちょっとでもあくせすしたらうれしくなりますよね」

少人数で見たにゅーはーふ であい おおさか せっくすれずに後悔している

ひっしゃ「おかねめあてでであいけいをはじめるじょせいはすくなくない?」
B「それいがいでめりっとないですよね」
Bさんのからくちこめんとにはんのうしてにゅーはーふ、ほすてすをしているDさんがわるびれずにであい、だんせいてきにはとてもしびあないいました。

関連記事

You Might Also Like