40だい えんじょこうさい らいんけいじばんかれしぼしゅう

であいをもとめるねっとのばをつかうひとびとにおはなしをうかがうと、おおむねのひとは、ひとはだこいしいというだけで、みじかいあいだでもかんけいがきずければ、それでいいというとらえかたでであいけいさいとをえらんでいます。
わかりやすくいうと、らいんけいじばんかれしぼしゅうきゃばくらにいくりょうきんももったいなくてえんじょこうさい、ふうぞくにかけるおかねもだしたくないから、おかねのいらないであいけいさいとで、「げっとした」じょせいであんかにすませよう、とおもうだんせいがであいけいさいとのゆーざーになっているのです。
だんせいがそうかんがえるなか、おんなのこじんえいはまったくことなるすたんすをゆうしています。

40だい えんじょこうさい らいんけいじばんかれしぼしゅうでモテるための条件とは

「どんなだんせいでもいいからえんじょこうさい、りょうりができておかねがあるかれしがほしい。であいけいをやっているだんせいはもてないひとばかりだから、じぶんていどのじょせいでもおもいどおりにあつかえるようになるにきまってる!かのうせいはひくいけど、いけめんのひとがいるかも、きもいひとはむりだけど40だい、かおしだいではでーとしたいな。じょせいはみんな、このようにかんがえています。
たんじゅんめいかいにいうとえんじょこうさい、じょせいはだんせいのかおだちのよさかきんせんがもくてきですし、だんせいは「ちーぷなじょせい」をてにいれるためにであいけいさいとをはたらかせているのです。
どちらとも、できるだけおかねをかけずにおかいものがしたくてであいたがっているようなものです。

街コンよりも40だい えんじょこうさい らいんけいじばんかれしぼしゅうで知り合った男性

そのように、であいけいさいとをかつようしていくほどにらいんけいじばんかれしぼしゅう、おじさんたちはじょせいを「しょうひん」としてみるようになり、らいんけいじばんかれしぼしゅうじょせいもそんなおのれを「うりもの」としてみなすようにまがっていってしまいます。
であいけいさいとをかつようするひとのしこうというのは、40だいじょせいをじわじわとひとではなく「もの」にしていくようないじょうな「かんがえかた」なのです。

関連記事

You Might Also Like