えろいぷ すまほ じゅくねんのせいせいかつ

であえるさいとをつかうひとびとにおはなしをうかがうと、ほとんどのひとは、こどくにたえきれずえろいぷ、みじかいあいだでもかんけいがきずければ、えろいぷそれでいいというとらえかたでであいけいさいとのゆーざーになっています。
つまりは、きゃばくらにいくおかねをせつやくしたくてじゅくねんのせいせいかつ、ふうぞくにかけるりょうきんももったいないから、ただのであいけいさいとで、「てにいれた」じょせいでおとくにまにあわせよう、すまほとするだんせいがであいけいさいとをかつようしているのです。
ぎゃくに、おんなのこさいどはすこしべつのすたんすをひめています。
「かれしがとしうえすぎてもいいから、おかねもちでりょうりができるかれしがほしい。であいけいなんてやってるだんせいはもてないきみばかりだから、じゅくねんのせいせいかつへいきんくらいのじょせいでもいのままにできるようになるわ!かのうせいはひくいけどえろいぷ、いけめんのひとがいるかも、でぶはむりだけど、すまほいけめんだったらでーとしたいな。このようにかんがえるじょせいばかりです。

お調子者がえろいぷ すまほ じゅくねんのせいせいかつの注意点

ひらたくいえば、じょせいはだんせいのみてくれかきんせんがたーげっとですし、だんせいは「りーずなぶるなじょせい」をげっとするためにであいけいさいとをかつようしているのです。
どっちも、できるだけあんかにおかいものがしたくてであおうとしているようなものです。
そのように、であいけいさいとをりようしていくほどにじゅくねんのせいせいかつ、だんせいはおんなを「しょうひん」としてとらえるようにになり、じょせいもじぶんじしんを「しょうひん」としてあつかうようにてんじていってしまうのです。

紙面で見たえろいぷ すまほ じゅくねんのせいせいかつでは小学生

であいけいさいとのつかいてのかちかんというものは、じょせいをすこしずつにんげんから「ぶったい」にしていくようなびょうてきな「かんがえかた」なのです。

関連記事

You Might Also Like