YYC ちゃっと えろ ちゃっとらいぶ

であいけいさいとばかりみているというひとたちはつまり、えろつねにこどくをかんじているにんげんでえろ、あいてにかんしてはまったく、にんげんかんけいをきずくということにいみをみいだせないというあきらめたようなしてんをもっています。
にちじょうてきにであいけいをつかっているひとにつうじていることはちゃっとらいぶ、れんあいかんけいいぜんのもんだいとして、だれからもあいじょうをうけてこなかったり、えろふつうのゆうじんかんけいすらももつにいたれないというひとがたいはんなのです。
そういうひとたちといえばちゃっとらいぶ、ほかのひとがみると、ただのへいぼんなひとであり、なにかなやみがあるわけでもないようにおもわれがちなのですが、ちゃっとじつじょうはもっとふくざつなようです。
あたらしいにんげんかんけいをおそれるかんじょうがつよく、かていのないぶでのかんけいも、ともだちとしてにんげんかんけいをもつことも、しごとのなかでも、れんあいかんけいにおいても、つづけさせるということもできずYYC、じぶんのかこをおもいおこしていせいにきょうみをもつことをきんじている、というけいけんがあるひとがかなりいるのです。

YYC ちゃっと えろ ちゃっとらいぶでのモテテク!

そういうたいぷのひとにしてみれば、さいとのないぶというくうかんはきをはらずともよいところなのです。
であいけいできずいたかかわりは、まずたいはんがみじかいきかんでおわるのがありがちだからです。
まずもって、いちじてきなあいてというかんけいしかにゅうしゅすることができないので、あとくされもなく、さいしょにかんがえていたことだけおわればそこでおわるのもとうぜんです。
であいけいというばしょにのめりこんでしまうひとは、まともなにんげんかんけいというものをあきらめているようなひとでYYC、いちどにんげんのことをしんようできるようになればちゃっと、であいけいをつかうというこういからだんだんとはなれていくようになります。

関連記事

You Might Also Like