ひとづまふりんしゅらば ひろしませっくすふれんど

ぜんかいしょうかいしたはなしのなかでは、「であいけいさいとでやりとりしていたあいてと、たのしみにあいにいくとはんざいしゃだった」というじょせいがいたはなしをだしましたが、じょせいとしてもかんがえがあるのでしょうがひろしませっくすふれんど、そのだんせいとのこうさいをすたーとさせることになったのです。
とうじしゃとして、「だんせいはかっこうからふつうとはちがい、さすがにこわくなってそのときはいっしょにいくしかなかった」とおもったそうですが、ほんとうはそれだけのりゆうではなく、ひかれるところもあったからそのままいっしょにいったところもあったようです。
だんせいにぜんかがあるというはなしも、ひとづまふりんしゅらばこがたのないふではなくおおきめのないふでじつのおやをきずつけてしまったということだったので、ひとづまふりんしゅらばもしものことをかんがえるときけんだとおもうきもちがつよくなるかもしれませんが、はなしてみるとふつうのひととかわらず、こどもやじょせいにたいしてはしんせつなぶぶんもあったため、わるいひととはおもわなくなり、ほんかくてきなこうさいになっていったということです。
かのじょがそのだんせいとうまくいったかというと、どこかふしんにおもえるうごきもみせていたので、そうだんするようなこともなくいえをでて、だんせいとはわかれることにしたのだとそのじょせいはかたってました。

プラスになるひとづまふりんしゅらば ひろしませっくすふれんどを求めるなら

もうふたりだけでいることがあんしんするひまがなくなり、ひろしませっくすふれんどだんせいとくらしていたいえから、もんだいがおこるまえににげようといそいででてきたといっていましたが、どうもふつうとはちがういあつかんがあったのもたしかなようですがそれいがいにも、おたがいにいいあらそうことになると、ちからにたよろうとしたり、ぼうりょくだってへいきだというようなしぐさをなにかとみせるから、おかねにかんしてもじょせいがだすようになり、おねがいされるときくしかなくなり、そのじょうたいをうけいれてしまっていたのです。

関連記事

You Might Also Like