さくらなしであい かみす せふれ

ひっしゃ「いきなりですが、さんかしゃがであいけいさいとをつかってじょせいとあうようになったいきさつをじゅんばんにおねがいします。
かおぶれは、せふれこうこうをそつぎょうせずにごねんかんじたくにこもってきたA、てんばいでもうけようとがんばっているBさくらなしであい、ちいさいながらもげいのうぷろのしどうをうけながら、あくしょんのはいゆうになりたいC、であいけいさいとならなんでもござれとじまんげなさくらなしであい、てぃっしゅくばりをしているD、かみすくわえてかみす、しんじゅくにちょうめでみずしょうばいをしているE。
どのさんかしゃもはたちからごさいまでのわかいめんばーです。

まさかのさくらなしであい かみす せふれを見てみよう!

A(ひきこもりちゅう)「おれはふだんずっといえにいるんですが、ねっとじょうでいいかんじのこをみつけたらむこうからあぷろーちくれたんですよ。そのつぎに、あるさいとのあかうんとをげっとしたら、ちょくせつこんたくととろうってはなしだったので、ゆーざーとうろくしました。そしたらそのこからめっせーじもこなくなっちゃったんです。けどかみす、ほかのじょせいとはなんにんかであいはあったので」
B(ないしょくちゅう)「IDとうろくしてすぐは、じぶんもめーるがきっかけでしたね。もでるみたいなひとでさくらなしであい、ひとめぼれでしたね。もっとよくしりたいからあかうんとづくりって。そのさいとについては、さくらのおおさでわだいのところだったんですけど、ちゃんとじょせいもいたので、いまだにつかいつづけています。
C(ぷろだくしょんでくんれんちゅう)「わたしについてですが、やくをひろげるれんしゅうになるとおもってあかうんととうろくしたんです。であいけいさいとをりようするうちにはなれられないようなひとのやくをもらって、それからじぶんもりようするようになりました」
D(ぱーと)「ぼくのきっかけは、ゆうじんではやくからつかっていたひとがいて、すすめられてどんどんはまっていきました」

さくらなしであい かみす せふれの悩み

わすれられないのがせふれ、5にんめのEさん。
このひとについてですが、おかまですのでせふれ、しょうじきいってかやのそとでしたね。

関連記事

You Might Also Like