ともだちづくり けいじばん であい かんぜんむりょう

おどろくことにまえけいさいしたきじで、「であいけいさいとでけっこうもりあがったので、あってみたらそのおとこははんざいしゃでした」となってしまうたいけんをしたじょせいがいましたが、なんとそのじょせいはそのまま、そのだんせいとおわるどころかつきあうことになったのです。
そうなったのは、「ふつうのひととはふんいきがちがいであい、どうしてよいかわからないままほかのせんたくしがなかった」といってはいますが、さらにはなしをきかせてもらったところけいじばん、じょせいのきょうみをひきつけるところもあってそのままかんけいをつづけようとおもったようです。
かれのはんざいのないようというのも、かんぜんむりょうけっしてちいさくはないないふでほんとうのおやをさしているわけですから、きけんだとかんがえるのがとうぜんかもしれないとかんがえるひともいるとおもいますが、かんじのわるいぶぶんがなかったようで、こどもなどにはやさしいぐらいでしたから、きんちょうしなくてももんだいないとおもい、わかれるのではなくつきあいはじめたのです。

本日のともだちづくり けいじばん であい かんぜんむりょうを掲載中です

そのままうまくかんけいがつづいたかというと、だんせいにおかしなこうどうをするばあいがあったので、ともだちづくりわからないようにそっといえをでてともだちづくり、だんせいとはべつのみちをすすむことにしたとそのじょせいはきめたそうです。
だんせいががわにいるというだけでもきがやすまることがなくであい、どうきょしながらせいかつしていたのに、かんぜんむりょうきづけかれるまえにとおくにいこうとくもがくれをしたということなのですが、ほんとうはふんいきがいやだったということだけではなかったようで、いいあいだけですむようなことで、すぐにちからにまかせるなど、ひどいらんぼうもきにせずするようなそぶりをすることがふえたから、なにかとおかねをわたすようになり、ともだちづくりたのまれたことはなにもことわれず、けいじばんそのままのじょうきょうでせいかつしていたのです。

関連記事

You Might Also Like