おおさかのえんじょこうさい まえばしてれくら

うたがうこころがふつうにあればそんなだんせいといっしょになんでありえないのにとおもってもみないところなのですがいってみればばかしょうじきでおもいこみのないかのじょたちのようなおんなのこはやばいひとだとかんじていてもそのあいてにみをゆだねます。
いままでにふくすうのじょせいがぼうりょくじけんのぎせいしゃになりいのちをなくしたりしているのにそのいっぽうでそんなふうなにゅーすからきょうくんをえないおんなのひとたちはこんらんするきもちをうけながしてあいてになされるがまましたがってしまうのです。
すべてのかのじょのひょうてきとなった「ひがい」は、だれがなんといおうとはんざいひがいですし、まえばしてれくらまちがいなくほうてきにちょうばつをあたえることができる「じけん」です。できる
でもであいけいさいとにかかわるじょしは、ぜひにききかんがないようでまえばしてれくら、ふつうであればすぐさまてきしたきかんのうったえるようなことも、まえばしてれくらてきとうにやりすごしてしまうのです。

ちゃんと出会えるおおさかのえんじょこうさい まえばしてれくらの心

けっかてきに、よくないことをしたひとはこんなわるいことをしてもきづかれないんだわからないからどんどんやろう」と、あいてもりょうかいしているとおもってであいけいさいとをゆうこうりようしつづけ、ひがいしゃをぞうかさせつづけるのです。
「だまってゆるす」とみとめればおおさかのえんじょこうさい、やさしいひびきがあるかもしれませんが、そのあくしょんこそが、おおさかのえんじょこうさいはんざいしゃをぞうきょうさせているということをまずしらなければなりません。
らんぼうされたさいにはいちはやく、けいさつでもむしょうでみかたになってくれるそうだんまどぐちでもなにであれさきにそうだんしてみるべきなのです。

関連記事

You Might Also Like