まつやま せふれ であいけいぐんま

Webさいとをであいのばとしてしようしているちゅうこうねんやわかものにはなしをきいてみるとせふれ、だいぶぶんのひとは、うらさびしいというりゆうでであいけいぐんま、つかのまのかんけいがきずければべつにかまわないというみかたでであいけいさいとにとうろくしています。
つまるところ、きゃばくらにいくおかねをけちりたくて、ふうぞくにかけるりょうきんもけちりたいから、おかねがかからないであいけいさいとで「のってきた」おんなのこであんかにまにあわせよう、まつやまとするだんせいがであいけいさいとをもちいているのです。
ぎゃくに、まつやま「じょし」じんえいではことなったかんがえかたをつつみかくしています。

ルールに従ったまつやま せふれ であいけいぐんまでの男性の行動

「すごくとしうえのかれしでもいいから、であいけいぐんまりょうりができておかねがあるかれしがほしい。であいけいをやっているだんせいはもてないひとばかりだから、ちゅうのげていどのじょせいでもおもいどおりにあつかえるようになるんじゃ…!もしかしたら、たいぷのひとがいるかも、でぶはむりだけど、であいけいぐんまいけめんだったらでーとしたいな。じょせいのほとんどがこのようにかんがえています。
つまり、じょせいはだんせいがみりょくてきであること、またはきんせんがたーげっとですし、だんせいは「てごろなねだんのじょせい」をもくてきとしてであいけいさいとをつかっているのです。
そうほうとも、できるだけあんかにおかいものがしたくてであいをかつぼうしているようなものです。

家で飲んでいたらまつやま せふれ であいけいぐんま開始!

けっかてきに、であいけいさいとにはまっていくほどに、おとこどもはじょせいを「もの」としてみるようになり、おんなたちもそんなおのれを「うりもの」としてみなしていくようになりせふれ、てんじていってしまうのです。
であいけいさいとをしようするひとのしょけんというのは、じょせいをだんだんとひとではなく「もの」にしていくぶるいのきけんな「かんがえかた」なのです。

関連記事

You Might Also Like