あんしん むりょう であい らいんあだるとめーる

さきごろのきじのなかにおいてむりょう、「しるきっかけがであいけいさいとだったものの、あんしんたのしみにあいにいくとはんざいしゃだった」というじょせいがいたはなしをだしましたが、じょせいがそのごどうしたかといえば、そのだんせいとふつうにこうさいをはじめることになってしまいました。
りゆうとしては、「だんせいがやくざにしかみえず、どうしてよいかわからないままひとまずついていっただけ」とのはなしだったのですが、じつはほかにもりゆうがあったようでむりょう、みりょくてきなところもたくさんあったのでことわらなくてもよいとおもったようです。
おかしたかれのはんざいのないようというのも、たんとうとよべるようなさいずのはものでさしたあいてもおやだったというはなしだったので、らいんあだるとめーるきけんにおもうのもおかしなことではないとおもうひともすくなくないでしょうが、かんじのわるいぶぶんがなかったようで、こどもにはしんせつにするところもありらいんあだるとめーる、わるいひととはおもわなくなりあんしん、ふつうにつきあうようになっていったとのことです。

あんしん むりょう であい らいんあだるとめーるでのサクラに注意

そのかのじょがだんせいとどうなったかというと、であいそのだんせいにふしんなところをかんじることがあったので、であいだまったままなにもいわずにでていきらいんあだるとめーる、つきあいをそのままおわりにしたということになったのです。
とくべつなことなどしていないのにきがやすまることがなく、どうきょしながらせいかつしていたのにむりょう、じぶんかってだとおもわれてもいいのででてきたというはなしをしていましたが、どうやらきょうふをかんじるようになったというだけのはなしではすまず、すこしでもなっとくできないことがあると、ちからでなっとくさせようとするし、はげしいぼうりょくにうったえるようなたいどをひんぱんにしていたので、しだいにひつようならおかねまでわたし、それいがいにもさまざまなことをして、そういったじょうきょうでのせいかつをつづけていたのです。

関連記事

You Might Also Like