にいがたせふれさいと おおさか せふれ あぷり

せんじつけいさいしたきじのなかで、せふれ「であいけいさいとでなかよくなり、ちょくせつあうことにしたらはんざいしゃだった」となったじょせいについてわだいにしましたが、じつはそのじょせいはおどろくことに、だんせいとのであいがこうさいにしんてんすることになってしまいました。
どうしてかというとせふれ、「ふんいきがやくざっぽくて、きょうふをかんじてしまいそのままいっしょにこうどうしていた」ということですが、さらにくわしくきいてみると、こわいものみたさというぶぶんもあっていっしょにいってみようとかんがえたようでした。
どのようなはんざいをかれがおかしていたかというと、たんとうとよべるようなさいずのはものでにくしんであるおやをさしたということだったそうで、なかなかいないたいぷできけんなあいてだとふつうはかんがえるのではないかとおもいますがにいがたせふれさいと、おんこうにかんじるぶぶんもありにいがたせふれさいと、やさしいぶぶんもいろいろとあったのでにいがたせふれさいと、ほんとうはふつうのひとだとおもって、こうさいしてもよいだろうとおもったようです。

ゲーム内でにいがたせふれさいと おおさか せふれ あぷりに全精力を注いだ

そのごのかんけいがどうなったかというとおおさか、きがつくとふしんなこうどうをしているときがあったので、あぷりなにもいわないままいえをでて、つきあいをそのままおわりにしたというおわりになったのです。
いっしょのへやにいるだけなのにあっぱくかんをかんじてしまい、いっしょにどうせいしていたいえから、じぶんかってだとおもわれてもいいのでできるだけいそいででていったということですがおおさか、どうやらいっしょにいるときょうふかんがつよかったというだけのはなしではすまず、すこしでもなっとくできないことがあると、おおさかちからでかいけつしようとするなど、あぷりはげしいぼうりょくにうったえるようなしぐさをしてくるために、ようきゅうされればおかねもだすようになり、ようきゅうされればほかのこともして、しばらくはせいかつをしていったのです。

関連記事

You Might Also Like