せんだいのかみまちむすめ だんせいかんぜんむりょうのであいさいと

むりょうをうたうであいさいとをしようしているちゅうこうねんやわかものにといかけてみると、おおかたぜんいんが、さびしいというだけで、せんだいのかみまちむすめごくたんきかんのかんけいをもつことができればそれでかまわないというきもちでであいけいさいとのゆーざーになっています。
かなめは、きゃばくらにいくおかねをはらうのがいやでだんせいかんぜんむりょうのであいさいと、ふうぞくにかけるりょうきんもかけたくないから、むりょうでつかえるであいけいさいとでせんだいのかみまちむすめ、「のってきた」おんなのこでやすあがりですませよう、とおもうだんせいがであいけいさいとにはまっているのです。
たほう、じょせいじんえいではまったくことなるかんがえかたをそなえています。
「じゅくねんだんせいでもいいから、おかねもちでかじをしてくれるひとをかれしにしたい。であいけいなんてやってるおじさんはだいたいがもてないようなひとだから、びじんじゃないじょせいでもおもちゃにできるようになるよね…ひょっとしたらせんだいのかみまちむすめ、かっこいいひとがいるかも、おっさんはむりだけど、たいぷだったらあいたいな。じょせいの100%ちかくはこのようにかんがえています。

片思い女子必見!せんだいのかみまちむすめ だんせいかんぜんむりょうのであいさいとがもってこい

ひらたくいえば、じょせいはだんせいがみりょくてきであること、またはおかねがもくてきですし、だんせいは「ていこすとなじょせい」をもくひょうにであいけいさいとをつかいまくっているのです。
そうほうとも、だんせいかんぜんむりょうのであいさいとできるだけやすくおかいものがしたくてであいをおいかけているようなものです。
そんなふうに、であいけいさいとをやくだてていくほどに、おとこどもはおんなを「しょうひん」としてとらえるようにになり、じょせいもじぶんじしんを「もの」としてあつかうようにてんじていってしまうのです。
であいけいさいとのゆーざーのしゅちょうというのは、じょせいをじんわりとひとではなく「ぶっしつ」にしていくかんじのあやうい「かんがえかた」なのです。

関連記事

You Might Also Like