ふうふでたのしむせっくす かかお みやざきけん

こんせつ「こんかつ」といういいかたをちょくちょくでてきます。
そのむすびつきとしてであいけいをねらいにしぼっているひともいくぶんかいるようです。
たとえばさいごにはよめいりしてい…とかんがえているひとでもかかお、であいをさがすさいとというのはこうかてきなのです。
けっこんをかんがえているひとこそ、もっとねっとのであいけいをたようしてもらうのがこのましいです。

一枚上手のふうふでたのしむせっくす かかお みやざきけん入門

しかしふうふでたのしむせっくす、「であいけいさいと」というよびかたがちょっとまえの「えんじょこうさい」などのあくしつないんしょうがせけんからしょうきょされていません。
あなたのふきんにもそんざいするかもしれませんが、「ねっとのであいはとめたほうがいい、ふうふでたのしむせっくすりすきーだよ」というひと。
たとえばほんとうにであいけいでめぐりあえて、いつかけっこんすることになったとしても、ふたりのきっかけはであいけいでした、かかおとあからさまにいうひとはそうおおくはないのです。
このようなせつあくないめーじがざんぞんするであいけいさいとでも、それはかじつのいめーじでしょう。

ふうふでたのしむせっくす かかお みやざきけんがハッピーですよ

であいけいさいと=わるいものとすりこまれたのは、みやざきけんてれびなどで、だまされた、いほうがあった、ということがたくさんあったからでしょう。
そのようなふせいてきなかんかくがまだよのなかにはきえていないからわるいきぶんになるのでしょう。
とりざたされたとおりいぜんにはこういうじけんはたはつしていました。

ふうふでたのしむせっくす かかお みやざきけんの時間を気にする

けれどさっこんではこのようないはんではなく、せいかくなあたらしいめぐりあいをきたいしてさいとをつかうひとがぷらすのけいこうにあることもいしきしておきましょう。
じっさいけっこんまでたどりついたなど、かかおこんかつについてじつようてきになっているのもじじつでしょう。
さいきんねっとをもちいるさーびすとしてであいけいいがいでも、ふくすうのSNSというものもりゅうつうしてきています。
このSNSはめあたらしいもので、だめないめーじをないざいするひとはびしょうとげんえるでしょう。
まずじゅんばんとしてであいけいであいてをみつけて、そのあとはきどらずにたいわやこせいをしってもらいみやざきけん、おたがいのことをちけんしていくこともさいきんのじだいではできます。

関連記事

You Might Also Like